展覧会のご案内
2020年10月29日~11月2日 パレットギャラリー麻布十番
コロナウイルスによる様々な事情を鑑みて中止になりました。
非常に残念ですが、先行きが見通せるようになりましたら、また機会を設けようと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

オンライン個展開催!
2020年10月28日~11月3日
HPのオンライン個展会場で、ぜひお楽しみくださいませ。


2019/03/02 00:00

結晶釉を作ってみよう! なんて思い立ってみたところで、
そもそも、普通の釉薬だって、釉薬屋さんが作って売ってる既製品を買っていた私ですから、
釉薬の仕組みさえわかっていないわけです。

そこで、まずは、釉薬とはなんぞや?からスタート。

いやいや、そんなんでいけるんかいなぁ~?、な世界ですが、いけると思ってたんですね~、その時は。
それで、手元にあった釉薬関連の本を読んでみたり、(一応、手元に少しは陶芸の本がありましたw)
図書館に行ったり、本屋に行ったり、とりあえず、手軽に手に入るものからチェックしたんです。

幸か不幸か、陶芸ブームがけっこう来てた時期でしたから、思った以上に、そういう本もたくさんありました。
雑誌みたいなのから、専門書みたいなのまで。

それで、なんとな~く、釉薬の原料はどんなもので、それぞれの原料がどんな働きをしてて、
どんな割合で混ぜると、だいたいこんな感じになるらしい…という程度の、
ざっくりにもほどがある!と言いたくなるような知識を得たわけです。

↑こんなとこからやってたんかい!?って感じですが、
そのざっくりな知識も、今、「説明して!」と言われると、このノートを見なければ説明できませんが。。。ww

しかし、まぁ、当然、その程度の知識で、基礎釉ならともかく、結晶釉が作れるはずもなく、
今度は、結晶釉で検索をかけまくって、ネットやら文献やらから、調合例をゲットしました。
意外とたくさんあるんですよね、これがww

ネットはすごい!!

で、とりあえず、その中の1つを選んで、調合してみたわけです。

そしたら・・・

(つづく・・・)